即日審査があるなら無審査もあるのか

結論から言うと、キャッシングを利用する際は必ず審査を受けなければいけません。
つまり、無審査でお金を貸してくれる業者というのは、違法業者である可能性が高いということです。
法整備が整ったことで、現在ではそういった違法な業者はめっきり数を減らしました。
しかし、なくなったわけではありません。
そういったヤミ金に騙されてしまわないためにも、即日審査がある業者を選びましょう。


ランキングから即日審査を探す

初めて貸金業者を利用するのであれば、まずはランキングに名前を連ねる業者を利用することをおすすめします。
まず間違いなく即日審査を行っているからです。
逆に言えば、即日審査を行えるレベルのサービス提供が出来ているということにも繋がります。
適当に街中を歩いて見つけた名前もわからない業者を利用するより、こちらのほうが何百倍も安全なことは間違いないです。


即日審査以外のサービスから探す

前述したように、ランキングに名前がある業者のほとんどは、即日審査を受け付けています。
そのなかからどこを選べば良いのかわからないという場合は、キャッシング方法などの詳細を見てみることをおすすめします。
金利も重要なのですが、やはりこちらもあまり違いはありません。
それよりは、キャッシング方法などの借入と返済の方法を見て、利用しやすい業者を選ぶことを優先しましょう。

即日審査だからといってキャッシングに制限はない

即日審査を受けたからといって、キャッシングに制限がかかるといったことはありません。
借入に直接影響するようなことはありませんが、急ぎすぎて審査そのもののルールを忘れてしまってはいけません。
申し込みをする際は、やってはいけないことをもう一度確認してからにしましょう。


即日審査にも総量規制はある

貸金業法のなかには、総量規制というルールがあります。
これは、利用者が自分の返済能力を超えた借入をしないようにするための法律です。
年収の3分の1以上の借入を規制するもので、業者はこれをこえて貸してはいけないのです。
例えば、年収400万円だとしたら150万円の借入はできないということです。
申し込みをする際に、希望借入限度額がこれを超えてしまうと審査に通らないので気をつけましょう。


総量規制の対象外で借りることもできる

総量規制は貸金業法のなかにあるため、銀行法が適用される銀行では無視することが出来ます。
銀行の利用限度額が高いのは、このためです。
最近になって、銀行でも即日審査を受け付けているキャッシングがでました。
三菱東京UFJのバンクイックなどは、その最たる例でしょう。
年収の3分の1以上借入を即日審査で利用したい場合は、銀行のカードローンを視野に入れてみてはいかがでしょうか。

即日審査だからといって基準は甘いのか

即日審査においても、審査の基準はほぼ変わらないといえます。
そもそも、審査基準というのは不明なのです。
なぜなら、どこの会社も基準を公表していないからです。
では、どこから審査の傾向を判断しているのでしょうか。


借入実績から審査の傾向を判断

審査基準は公表されていませんが、キャッシング実績というのは公表されています。
この実績というのは、申し込みをした方の中から何パーセントの方が実際に借入を利用することができたかという1つの指針です。
この数値は、消費者金融と銀行で違いが顕著にでています。
消費者金融のほうがこの数値が高いので、比較的審査に通りやすいと言えるわけです。


インターネットの普及と即日審査

現在では、インターネットが広く普及したことよって、即日審査が可能になったといえます。
従来では顧客の個人情報や手書きの審査申し込み書類を、業者側で再度入力する作業があったため、審査から結果までどうしても数日間かかってしまう状態でした。
時代を経て、インターネットによるデータ管理が可能になり、ネット上の形式で入力した情報をそのまま流用できるようになったため、即日審査が可能になりました。
現在でも、○時までという締め切りはありますが、審査の中身自体は変わっていません。

消費者金融に広まった即日審査

ランキングのトップ10に入っている消費者金融において、即日審査はほぼ普通の水準となっています。
それほどまでに即日対応のサービスは広まりました。
即日審査、即日融資、即日キャッシングなど、少し前までは業者によってばらつきがありました。
しかし、差が縮まって現在ではどこも似たようなサービスが多くなっています。


即日審査を受けるのに必要なもの

即日審査を受けるのに必要なものは、たった1つ、本人確認書類です。
本人確認書類とは、免許証や保険証など、身分を証明できる書類です。
おそらくほとんどの方は持っていらっしゃるので、審査を受けるのに特別なことはなにもいらないということになります。
ただし、借りたい金額が100万円以上になってくると話は別です。
身分証明書のほかに、収入証明書が必要になります。


なぜ証明書が必要なのか

身分証明書は本人確認のために仕方ないとして、なぜ金額が高くなると収入証明書が必要になるのか。
借りたお金を返せるだけの返済能力があるかどうか、判断するためです。
基本的に、即日審査では年収などの項目が「自己申告」になっています。
手続きをスムーズにするための工夫の1つですが、借入額が高額になれば少し慎重になります。
収入証明書を提出した場合は、記入した数値とずれがないように気をつけましょう。